肥満男性の写真

むくみの原因と解消方法とは?

足や顔がむくんでしまうと、身体が重く感じるだけでなく、見た目の問題もあり気になってしまいます。むくみの原因は、血管内にある水分が外に出ることです。本来であれば、血液の流れにのって戻ってくるはずなのですが、循環がうまくいかないとむくみになってしまいます。

水分や塩分を取り過ぎたり、暴飲暴食をすると血液中の水分が増えてむくみやすくなってしまいます。足は心臓から遠く、立ちっぱなしの仕事をしていると心臓に送り返すことができなくなり、むくみの原因になります。運動不足や冷え性、睡眠不足と言った生活習慣も原因として考えられます。

むくみの解消には、たまった血液を流すためのマッサージが効果的です。足であれば、かかとからふくらはぎ、太ももというように、心臓に血液を返してあげるイメージです。過労の場合は休みを入れたり、生活習慣の改善も効果的です。

むくみの中には、肝臓や心臓、腎臓といった病気が隠れている場合もあります。長期間続くようであれば、病院に行って異常がないか検査してもらいましょう。むくみというのは、夜寝ることで血液の流れが改善され、自然に治りますが、病気がある場合は寝ても治らないことが多くあるので気を付けましょう。

むくみは自分で治すものだと考えている人が多いですが、ひどい場合は病院を受診してお薬を処方してもらいましょう。女性に多いむくみはラシックスで解消することが出来ます。体内の余分な水分を排出する働きがあるので、むくみに効果的です。

お薬を使うことに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、ラシックスは腎臓に負担をかけずに利尿作用を発揮することができます。飲むと30分ほどで効果を発揮するので、即効性のあるお薬だと言われています。継続的に飲む場合は、1日に1回服用するようにします。

ラシックスを飲むことで、体の中の余分な水分が尿となって体外に排出されます。ですから、服用した後には、トイレが近くなるということになります。長時間の移動などがある場合は、トイレを確認しておくと安心です。

また、ラシックスは1日のうち朝に飲むように指導されます。夜に飲んでしまうと、寝ている間の尿が増え、何度もトイレに行かなければいけないので注意が必要です。むくみがひどく、マッサージや生活習慣を改善しても治らないという場合は、ラシックスで解消するというのもひとつの手段です。体の状態や、内服しているお薬を確認するため、病院に行く際にはお薬手帳を持参して行くといいでしょう。